Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
群馬県立太田フレックス高校出張公演

JUGEMテーマ:学問・学校

昨日、17日木曜日は、久々の物語シアター出張公演を行った。

 

太田フレックス高校。ちょうど10年前に同高校の芸術鑑賞会で呼ばれ、近くのホールで公演。まだ物語シアターを立ち上げて日が浅かったが、大変恵まれた環境での出張公演で、評判も上々、今回の再演につながった。

 

前回は、私を含め3名で構成。今回はメンバーが私の他は変わり、4名体制で「幸福の王子」と「ラブレター」を再演した。

 

前回は7月の公演だったが、劇場だったので快適に上演できたのだが、予算の問題か、あるいは5月の公演ということでだろうか、体育館での上演。昨日がまた大変暑い日で、窓を全開にしても相当な蒸し暑さだった。生徒達も大変だが、出演者にとってもあまり良い環境とは言えない。よく持ちこたえたな・・というのが正直なところか。とくに他の3人の若手の出演者にとっては初めての経験なので、緊張感が大きかったのではないかと思う。そんな中、よくやってくれたと思う。

 

環境的には、見る側も集中しにくい環境だったにもかかわらず、意外と先生方の評判が良くてほっとしていたのだが、帰りの駅で1時間近く待たされる間、何人かの観劇した生徒達と、駅舎でゆっくりと話をすることができた。

生徒達が集中できていたかどうか、いささか心配だったが、どうやらそれは杞憂だったようだ。男の子も女の子も、目を輝かせて面白かった!感動したと、異口同音に話した。一人の男の子の言葉が今の時代を象徴して面白かった。「ラブレターは、最初やばい話だと思ったけど、進む内、かみさくだとわかって感動した!」最初、かみさく?ってなんだ?と思ったが、聞いている内に感動的な神作品という意味だと理解した。感想を書いているとき、「膝の上の骨箱の、かわいた骨がかたかたとなった・・・。」という最後の言葉を思い出しながら手が震えたそうである。

なんと、あの劣悪な環境の中で、こんなに集中力を発揮して聴いてくれていたのかと、逆にこちらの方が感動した。

 

やはり、若さとは純粋で美しい。音響スタッフと出演者4人。高いレベルを維持して練習して、本当に良かったと感じた。

 

担当のS先生、校長先生に、心から感謝申し上げたい。

 

 

posted by: 堀井 真吾 | 物語シアター関係 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |-
跡見学園女子大学2018年度春期実習講座「声優」

JUGEMテーマ:学問・学校

 

またしても、1年近く間があいてしまった。

先週4月11日水曜日から、2年目の大学での授業が始まった。昨年は20名の参加だったが、今回は28名。

平日の5限という最悪の時間帯にもかかわらず、この人数はなかなか多い・・ということが昨年1年間やって、わかった。

 

実を言うと、自分の中のマックスの人数は25名ほどと考えていた。早くもそのハードルを越えた。大声を出し、発表会も

最終的に行うので、視聴覚室という扇型の階段状の大きな教室を借りている。だから、いっぱいになるわけではないのだが、

なかなかににぎやかで活気がある。

 

さて、これまで経験のない人数をどうして公平にさばけるか・・。参加型の実習授業なので、一度も声を出さなかったという

学生がいたら、参加する意味がないのだ。声優ブームも手伝ってか、最悪の時間帯にもかかわらず集まってくるのは、それだけ興味とやる気がある人たちであるのは確かだろう。熱意には最大限の誠意をもって返したい。

 

全員が20歳か21歳の女性という特殊な状況もあって、昨年は戸惑いの1年でもあったが、1年の実績もあるので、きっと

なんとか、新たなステージに上がることができると楽観している。だが、もし30名以上となると、2クラスにわけるか、

抽選にする必要も出てくる。大学側が柔軟に対応してくれると良いのだが・・・。

 

昨年、春期と秋期を通じて1年間通った学生が7〜8人ほどいた。その中で、今年、大手の声優プロダクションに合格した人が

いるという。おそらく歌で鍛えた声が出色だったNさんは、1年間の訓練を見事に生かして、プロの声優として合格したのだろう。まだ、現役の4年生である。私も最も期待し、教えた一人だったので、そんな話を聞いたときは、とてもうれしかった。確かに個性的で素質のある女の子だった。今後の活躍を多いに期待したい。

 

別に、声優を養成するために授業をしているのではない。

コミニュケーション能力の育成と、声を通じた表現力を身につけることは、今後生きていく上で大きなアドバンテージとなる。

大学の授業なのだから、当然そういったことを、最大のテーマに掲げている。

 

しかし、もちろん能力も個性も皆違うのだから、中には俳優や声優が出てもおかしくはない。むしろ、1年目にしてそういう人材を排出したことは誇らしく、また大きな喜びである。

 

明日は2回目の授業だ。今年は、どんな人材が揃うのだろうか。

 

 

 

posted by: 堀井 真吾 | 物語シアター関係 | 22:00 | comments(3) | trackbacks(0) |-
跡見学園女子大学「声優」科目講義

JUGEMテーマ:学問・学校

 

今月4月から、跡見学園女子大学文学部コミニュケーション学科で非常勤講師として、春季と秋期に1科目ずつ担当させていただくことになった。

春季は「声優」。秋期は「朗読」で、年間通じて週に1回講義を行う。通常の講義と違い「実習」という形になり、一方的な講義ではなく、出席する学生が何らかの形で参加する授業で、少し長い1時間50分という時間枠だ。

 

近年、「声優」という仕事が認知され、俳優、アナウンサーという職業に肩を並べる職業になった。以前では考えられなかったことだ。

跡見学園女子大学に「声優」という科目が新設されたのは、時代の変化ということかもしれないし、あるいは、先見の明なのかもしれない。

明治時代から続く伝統ある大学での授業だ。アカデミックなものでなければならないと思う。むろん声優を養成する授業ではない。

 

声のプロとして活動している私、堀井真吾が、参加する皆さんに、(朗読)を通じて表現力やコミニュケーション能力を身につけていただきたいと企画した授業である。おそらく、大学でこのような形態の授業はめずらしいと思う。

新しいことを実現するためには、いくつか難題をクリアしなければならなかったが、文学部長の横田恭三先生のご尽力をはじめ、大学側にご理解をいただき、何とか12日より無事スタートすることができた。

 

だいたい、シラバスを読んで、果たして興味を持つ学生がいるのかどうか・・・。なにせ初めてのことで、大学側も私も予測不可能だ。ひょっとしたら、大人数押し寄せるかもしれないし、数人しかいないかもしれない。初回になってみないと分からない・・・という。それも、どうやら、茗荷谷キャンパスの3年生だけが対象とのこと。一週間前になってはじめて知った事実・・。その上、構内書店で、私の編集した台本を購入しなければならない。やる気がある人でなければ、なかなか参加できないのではないだろうか。ハードルはけっして低くはないように思われた。

 

そして、明けて12日初めての授業。参加者は21名。理想的な人数だった。昔はなかったように思うが、1回目はガイダンスということで、誰一人テキストの台本は購入していなかった。台本を持っているのは私一人なのだから、やむを得ず一人で「幸福の王子」を朗読することにした。

おそらく、参加者としては「一回試しに出てみて、面白ければ次から参加しよう。」ということなのだと思う。それが常識なのだ。

じつは「幸福の王子」を一人だけで読んだことはなかった。初めてだったのだ。思わぬ緊張感・・。

 

19日に2回目の授業を行ったが、名簿上、21名の参加は変わりないようだった。心を込めて読んだかいがあったか・・・。

 

何事も、初めてというのは難しい。また、どのように展開するかわからない。

 

いずれにしても、必修でもない科目を選んでくれたみなさんに敬意を表したい。そして、彼女らが表現の楽しさを知り、1ステージ高い表現能力をつけてもらいたいと考えている。

これからが楽しみである。

 

 

posted by: 堀井 真吾 | 物語シアター関係 | 23:46 | comments(4) | trackbacks(0) |-
5月20日山椒大夫公演 千駄木 さんさき坂カフェ

JUGEMテーマ:芸能

3月11日土曜日、新潟県柏崎市ソフィアセンターで、古典を読む会(代表宮川久子さん)主催の「山椒大夫」公演を行った。

これは、義太夫の形式を意識して、森鷗外の山椒大夫をアレンジし、一人の朗読と三味線のみで聴かせるものだ。

 

もともと、大変好きな作品なので、朗読劇や芝居など、あらゆる形式で上演してきたが、たった二人で約1時間を聴かせるのは、

今回が初めてだった。私の提案を快諾してくださった宮川さんのおかげだ。心から感謝申し上げたい。

 

物語シアターを立ち上げた当初から、義太夫節や浄瑠璃を漠然と意識していて、いつかその漠然とした予感のようなものを形にしてみたいと思っていたのだが、10年経って、ようやくその思いが結実した。これがやりたかったのである。

ただ、実現するためには、確かな力量と上演のリクエストがないと成立しない。なにしろ一人で1時間持たせなければならない。

三味線奏者も高レベルな奏者の存在が不可欠と、簡単なことではない。

これまでの積み重ねのなかで、少しづつ機が熟してきたのかもしれない。

 

評判は、思った以上に良かったようである。やはり、一人で1時間聴かせるのは難しい。途中聴いていて飽きられてしまったらおしまいなのだ。「柏崎の皆さんに受け入れられたら、どこでやっても大丈夫・・・。」この言葉は、生前の杉村春子さんが言っていた言葉。

その言葉は正しいと思う。

じつは、初演で柏崎で上演した作品は、他に「ラブレター」と「サド侯爵夫人」がある。いずれも物語シアターの代表的な作品となっている。そして今回の実験的な試みを、しっかりと受け止めていただいたと思う。

 

そこで、急遽決定した、東京千駄木にある「さんさき坂カフェ」での「山椒大夫」義太夫版再演。

出演、(語り)堀井真吾 (長唄三味線)守啓伊子

 

5月20日土曜日の16時と18時30分の2回、上演する。料金はお茶お菓子付きで3500円。

いずれも25名限定。東京谷中の古き良き町にある小さなカフェである。

 

連絡先は物語シアター事務局  044−281−5087  平日10時〜17時受付

 

定員になり次第受付を終了するので、ご了承願いたい。

 

 

posted by: 堀井 真吾 | 物語シアター関係 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
新潟県柏崎公演

山椒大夫を3月11日土曜日、ソフィアセンターで13時30分〜15時

三味線奏者とともに、朗読します。

義太夫を意識しての、挑戦!

まだ、席があるそうです。

posted by: 堀井 真吾 | 物語シアター関係 | 00:00 | comments(3) | trackbacks(0) |-
物語シアター第11回公演「サド侯爵夫人」

JUGEMテーマ:芸能

 

1月26日に、両国シアターχ(カイ)で一夜だけの公演、三島由紀夫の戯曲「サド侯爵夫人」を朗読劇にアレンジして行った。あれから早3週間以上が経過。もっと早くに掲載したかったのだが、なんだか、やることが多すぎて手がまわらなかった。

やっと、心と時間に余裕が出てきて、久々に我がブログを覗いてみると、なんと、高校剣道部の後輩Y君がコメントを寄せてくれていたではないか?!それも1か月以上前にである。彼は地元で高校教師をしているらしい。立派!

 

ああ、おいらも、まっとうな道を、もし進んでいたら彼のような職業だった可能性もあったのだが、こんなんなってもうた・・・。

すでに60を手前にして、こんなんなってもうたはないか・・・。

 

どうやら、元旦の新潟NSTの恒例特番「ドリーミング」に司会のような形で出演したのを、観てくれていたらしい。娘がアナウンサーをしている関係で、局がしゃれで、キー局でナレーターをしているオヤジを呼んだというかっこうだ。Y君はそれを観て、なつかしさでHPのブログにたどり着いてくれたのに、当の本人がこのありさまだ。この場をお借りして謝罪。陳謝。

 

しかし、もう1か月以上も前になる様子。Y君、はたして、これを読んでくれるかどうか・・望みは薄いが・・。

 

 

話を本題に戻そう。

一夜限りの公演「サド侯爵夫人」は、素晴らしかった。自分で言うのだから間違いない。素晴らしかった。言えばいうほど馬鹿に見えるが、やはり素晴らしかった。(笑)

 

なんといっても、三島由紀夫の戯曲がいい。日本一だ。実に美しい見事な台詞だ。その日本一の台詞を、かなりカットしてしまった。これは冒涜?!か・・・。いやいや、師匠・故松浦竹夫もきっと、頷いてくれるだろう。大切な原文の美しさはほぼ活かしてあるのだから・・。

その上、何がすばらしいか。

6人の女優すべてがいい。個性的で美しくて、演出していて全員に惚れてもうた。こんなことは初めてだ。出演者全員が良かったことなど、これまで一度もない。それほど、キャスティングは難しいのだ。

もう一つ、素晴らしいこと。

スタッフの力だった。照明、衣裳、音響、舞台監督、宣伝美術、すべてに恵まれた公演だった。これまで10回本公演をやって、全てに納得した公演は、じつは一度もなかった。今回、力のあるスタッフ陣に守られ、見事に昇華された初めての公演だったのだ。

 

良い俳優と、優れたスタッフの力は、あまりにも大きかった。

 

その力が、1回だけの舞台に集約されたのだから、良い舞台だったに違いない。

 

その一端を、写真で「物語シアター」HPの本公演実績頁に掲載しているので、御覧いただければ幸いである。

posted by: 堀井 真吾 | 物語シアター関係 | 23:38 | comments(3) | trackbacks(0) |-
熊本でのボランティア公演

JUGEMテーマ:日記・一般

 

地震はいつ起こるかわからない。

今日の「ホンマでっかTV!?」情報によれば、

地震はいつ起きるのか?という質問は「人はいつ死ぬかはわからない」という答えと同じことだという。

 

そのくらい、予想は困難だが、いつか必ずやってくるものなのだ。日本中、どこにいても地震は必ず起こる。

 

学会の発表する地震予測では、熊本での発生確率は非常に低かったそうだが、4月、あの大地震は起きてしまった。

 

じつは、物語シアター設立後、3回熊本市内で公演を行った。故郷の柏崎、四国の高知に次いで多く訪れているのが

熊本なのだ。その時の公演を、ある教育関係者が御覧になっていて、被災した子供たちを励ましたいと、今回ご連絡をいただいた。

 

地震から3か月がたったとはいえ、まだまだ復旧にはいたっていないようだ。ご連絡いただいた方も、最近ようやく家族

一緒に暮らせるようになったという。普段車で通勤30分のところ、迂回迂回で、いまだに1時間半かかっているらしい。

ストレスや不安も半端ではないだろう。

そんな中、子供たちを元気にしてあげたいというお気持ちは、本当に素晴らしいことと思う。皆、自分のことで精いっぱい

というときに・・・。

 

うれしいことに、出演者もスタッフもボランティア公演を承諾してくれた。金銭面では、何とかなるだろう。

幸運にも、未使用のカードマイルが、意外なくらいたまっていたのだ。

まだ、日時は調整中だが、地元がある程度落ち着いてからのほうがいいのではないかと、相談している。

 

地元の主催者も含め、一歩一歩無理のないように進めていきたい。そして、必ずや、来てもらって良かった!

行ってよかった!という公演にしたい。

おそらく、秋ごろに実現するのではと、感じている。

 

熊本の復興を心から祈っています。

 

posted by: 堀井 真吾 | 物語シアター関係 | 23:56 | comments(2) | trackbacks(0) |-
最近の「物語シアター」朗読ワークショップ出身者の活躍

JUGEMテーマ:日記・一般

 目白の学習院の前、芙二三枝子舞踊研究所の稽古場をお借りして、物語シアター主催の朗読ワークショップを開催するようになって2年半。市ヶ谷や両国で、トマティスリスニングセンター主催で行っていたころから数えると8年以上になる。

 受講をはじめて4〜5年になる方もいるし、半年1期で卒業する方もいる。受講者の年齢幅が広いことが最大の特徴かもしれない。

 

 前回まで受講していた高校生のKさんは、中学2年生から4年間。昨年まで通っていたHさんは途中2回の受験時、お休みをしていたものの、中学2年から大学3年まで、延べ7年間通っていた。ともに、本公演や発表会を親と観に来て、朗読を習いたいと親に頼んだそうだ。通っいる受講生は20代、30代、40代、50代、60代、70代、全世代がそろっている中で、中学生や高校生には刺激的な環境だと思う。学校というのは、同じ世代の友人とだけ一緒に学ぶ環境であるのに比べ、あらゆる世代の大人たちから触発を受ける。そのうえ、講師の私は大人にたいするのと同じスタンスでダメ出しをする。子供扱いをしては失礼だと思うからだ。

 

 結果、同じ世代の友人たちのなかで、とびぬけた表現力とコミュニケーション能力を身につけることになる。とともに、大人たちも若い瑞々しい感性を目の当たりにし、新鮮な発見をすることになるのだ。

 

 この二人の若き女性が、今後社会でおおいに活躍することを期待し、見守りたい。いや、幸せになってくれればいい。これじゃ、親の感慨と同じか。(笑)

 

 最近、とみにワークショップ出身者の活躍が目立ってきた。直近では、赤坂の小劇場で行われた第3回朗読トークバトルなるコンテストに、ワークショップ出身で「物語シアター」本公演のレギュラーメンバー、ガチコこと萩生田真千子さんが、出演し優勝。これは、審査員が選ぶのではなく、観客が優勝者を選ぶ趣向が面白い。基本、アマチュアの出演者がおおいとは言え、説得力と魅力がなければ観客は1位に選ばない。

 昨年の10月には、朗読検定青空文庫朗読コンクール全国大会で、鏡さおりさんが優勝。これは全国から予選を勝ち抜いてきた中での金賞。物語シアターのレパートリー「山椒大夫」を朗読して、審査員から高い評価を受けた。彼女も4年ほど受講していたが、彼女の情緒あふれる世界観はどんどん磨かれていき、彼女が今度はどんな読みを聞かせてくれるかと、後半、いつも私のほうが楽しみにしていたことが忘れられない。トップに選ばれるのは、よほど強い個性の輝きが必要だ。まさに彼女はそれを持っている人だった。現在、岩手に在住されている。地方の時代、今後益々のご活躍を祈る。

 

 以前は、教えるなどおこがましいと感じていたが、いつの間にか、講師をしたり演出をしたりするようになった。それも年齢が関係しているのかもしれない。

久々に、ブログを更新。

 

posted by: 堀井 真吾 | 物語シアター関係 | 17:58 | comments(2) | trackbacks(0) |-
物語シアター第10回公演「メトロに乗って」並びに新潟公演「サド侯爵夫人」終了
JUGEMテーマ:芸能
11月1日に、両国シアターχ(カイ)で行った公演で、記念すべき10回目となった。
浅田次郎の「メトロに乗って」を、メンバーを一新して、演出も私がやることになっての7年ぶりの再演。
評判は良かったが、これまでの10年間で自然メンバーも固定化して、いつの間にか惰性という魔が忍び込んで
いたのには苦労した。これが目には見えないからタチが悪い。​誰もそのことに気が付かない。
だから、惰性なのだろうか。
これまでは、主催者の私の他に、だれか一人や二人、情熱をかたむける存在があった。
ところが、今回は残念ながら、それがいなかった。なにか、なあなあになっていて、熱や喜びがないのだ。
そして、そのことに誰も気づかない。
自然、演出もいらいらし、言葉もきつくなる。すべてを大きく包み込んでもっていくことができるほど
私は人間が大きくはない。
なんとしても、本番を成功させるために、厳しい判断や、今後の人間関係を崩すことも余儀なくした。
結果、舞台は成功することができた。だが、物語シアターの第一ステージは、これで終了した。
誰が悪いわけではない。惰性という魔物の存在が大きかった。HPに写真を掲載中。

 
11月28日に、新潟県柏崎市ブルボン本社ビル大ホールにて、三島由紀夫の「サド侯爵夫人」を朗読劇に
脚色し、原作の半分の1時間30分にて上演。三島由紀夫生誕90周年を記念したイベントの一環として、ドナルド・キーンセンターより依頼があって実現した舞台だ。
「サド侯爵夫人」の朗読劇化は本邦初演。本来女性6人だけの芝居だが、男性の案内役を私がやることにした。
なにしろ、3時間を1時間半にアレンジ。それを案内役でおぎなうことにしたのだ。
主役のルネ役吉沢京子さんと、母親モントルイユ夫人役の森秋子さんを中心に、こちらは良いチームワークがとれた。
地元のブルボンと実行委員会のみなさんの熱意もあって、外は雨だが、300人の会場が熱気にあふれた。
戦後最高と評される三島由紀夫の「サド侯爵夫人」とあって、文化人たちが大勢集まってくださった。そんな印象だった。
感謝の気持ちでいっぱいだ。都内での再演が期待されている。
さあ、物語シアター第2ステージが始まった。
posted by: 堀井 真吾 | 物語シアター関係 | 23:46 | comments(4) | trackbacks(0) |-
物語シアター第9回公演を終わってもうすぐ2か月
JUGEMテーマ
最近、真吾シアターは心肺停止状態。
公演終わって2か月近くも更新がないとは、なんたるちゃ。サンタルチア!

さすがに、初の合同公演。なかなか疲れた。マイペースでできないとはなんと気づかれすることか。
それで、すぐに書けなかったのかもしれない。2か月も経てばだいぶ自由になる。

ともあれ、物語シアターの山椒大夫も菊の会の舞踊公演もある評価を得たように思う。

とは、言うものの、もう少し菊の会のお客様が多くてもよかったかな。全体に客のバランスがいいと、もっと
凝縮した舞台になっていたように思う。受付の対応がほとんど物語シアター側というのでは、主催の菊の会が
立たない。

しかし私の思いは、お世話になった、故畑道代先生への恩返しのつもりだったのだ。ヒロインに菊の会の若手を起用。
台詞の訓練は、今後の彼女らと菊の会にとっても、大いにプラスになると思う。
上演条件においても、基本的には概ね菊の会の要望を受けいれてのものとなった。

赤字にさえならなければいいと、最初から腹をくくっていた。結果、なんとかなった。ギリギリセーフ。


畑先生、私の今できることを精いっぱいやらせていただきましたよ。

お亡くなりになってまる4年になるのか・・・。改めてご冥福を祈りたい。合掌!
 
posted by: 堀井 真吾 | 物語シアター関係 | 21:54 | comments(2) | trackbacks(0) |-