Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
朝の情報番組「とくダネ!」卒業

JUGEMテーマ:芸能

 

5月30日水曜日の「とくダネ!」放送をもって、19年続けてきたナレーターを卒業した。

 

とくダネ!開始一年前、ナイスデイからナレーターとして初めて参加してより、20年間。生で対応するナレーターとして、

よくこんなに長く続いたものだ。テレビ番組として3年以上続けば成功。10年間は大成功。20年は・・

論外、番外の奇跡だ。その番組に付いたのだから「幸運」としかいいようがないだろう。それも、俳優から声優に転じてまだ1年ちょっとくらいでいただいた仕事だった。

 

生放送なのだから、極端な冒険は出来ないが、ただ間違わないように・・・、噛まないように・・だけを意識してしまうと

縮こまったナレーションになってしまう。案外ディレクターたちと相談しながら、攻めの姿勢を貫いたことで、番組とともに

ナレーションのスキルも上がってきたように思う。

つまり、お金をいただきながら、日々勉強させてもらっていたようなものかもしれない。

 

さすがに、19年も続いている番組だ。最初の10年間はぶっちぎりの視聴率1位。「とくダネ!」などと言うネーミングはその頃あり得ない響きで、斬新だった。その後、山あり谷あり。今や完全にテレ朝のモーニングショーに1位の座を明け渡している。

 

フジテレビ全体が低迷する今、とくダネ!もその流れに抗うことはできなかった。それでも、朝の「めざましテレビ」とともにフジの朝の牙城を死守せんとする気概に溢れている。

 

今後のとくダネ!の復活を願っている。

 

そして、長年仕事をともにしてきたスタッフのみんなや、小倉智昭さん、笠井信輔さんには、心から感謝申し上げたい。

 

しばらく休養して鋭気を養い、また新たな世界に羽ばたこう!

 

 

 

 

 

posted by: 堀井 真吾 | 日常 | 22:14 | comments(1) | trackbacks(0) |-
思えば・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

 

遠くへ来たもんだ・・。

50代最終盤。娘たちも苦労しながらしっかり、それぞれの仕事で成長しているようだ。末息子はまだ大学生だが

のんきに図太くやっているので、大きな心配はしていない。

 

子供たちが小さい頃の写真を、なぜか見る機会があった。25年も前だとさすがに親も若い。またその親も実に若い。

 

そして、孫にあたる子供たちとじじばばが、よく似ている。当たり前だが、やはり不思議だ。

 

先日、山椒大夫の一人語り公演に、森鷗外のひ孫にあたるご婦人がお見えになった。終演後、ご挨拶を受けたが、

知的で品のいい女性だった。たぶん、森鴎外のDNAを確実に受け継がれているのだろう。場所も、森鷗外記念館のほど

近く。曾祖父の功績は、彼女の中に息づいているに違いない。研究者として活躍をされているとお聞きした。

 

先日、我が父の米寿の記念のセレモニーを、新潟で行った。真面目で実直な生き方を貫いている男である。自然と周りが集まってくる

ような好々爺だ。

果たして、自分も、そのような年の取り方ができるのか・・。

 

芸の世界では、まだまだひよっこといわれる世代。死ぬまで走り続けなければならない。

 

自分で選んだ仕事。

 

さあ、本番はこれからだ。

posted by: 堀井 真吾 | 日常 | 20:30 | comments(2) | trackbacks(0) |-
ゴールデンウィーク中、新潟長岡の「越後丘陵公園」

父の米寿祝いを、親戚が揃い長岡で行いました。近くに見事なチューリップ園が。

posted by: 堀井 真吾 | 日常 | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) |-
14年使ったエアコンが壊れちまった!
JUGEMテーマ:日記・一般
今、リビングのエアコンを取り換え作業中。

なにせ、14年間リビングで使用していたエアコン。壊れるのも無理もない。
しかし、20年使って壊れていない古いタイプのエアコンも家にはあるが・・・・。

かたちも大きさもずいぶん変わるものだ。以前に比べるとずいぶん大きい。しかし、音も静かだし、電気代もだいぶ節約に
なるらしい。
ともあれ、今日は暑いが、猛暑に向かってなんとか間に合った。めでたしめでたし。

明日は、先日の公演を振り返ってと題して書いてみるか。
posted by: 堀井 真吾 | 日常 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
声優 永井一郎さんの思い出
JUGEMテーマ:芸能
永井一郎さんが亡くなった。それは、あまりにも突然の知らせだった。先日1月9日、明治記念館での青二プロダクション新年会でご一緒したばかり。「永井さん、忙しすぎるんじゃないですか?」「いや〜、そんなことはないよ」笑いながら、そんな冗談を言いあっていたのに・・・。

青二プロダクションは、大黒柱を失った。永井さんは事務所の良心とも言える人だった。
いつもにこやかな、心の広い、懐の深い人だった。事務所の誰もが、永井さんに励まされ勇気づけられたことがあるに違いない。
事務所の将来を憂い、声優業界全体のことを、いつも考えている人だった。

私が、以前「ダンス部」なるものをつくって、しばらく一緒に社交ダンスを楽しんだことがあった。お酒も好きな陽気な人だった。あるとき、円卓で12人で飲んでいたときのこと。永井さんが突然、「なんだ、みんなだらしないな。ここにいる全員子供がいないのか?」と言われた。私のことはまだ、お付き合いが短く、あまりご存じなかったのだ。照れながら手を挙げて、「あの〜、ぼく、3人います・・」「ええ〜?!3人もいるのか?!」と言って、呵呵大笑された永井さんの笑い声とお顔が忘れられない。

当時、でたらめばかりやって落ちこむこともあったが、その失敗を、「エネルギーがある」と言って、ニコニコとほめてくださったことがあった。失敗をすると、皆が責める。だが、永井さんは別だった。
一度、下北沢の新築のお宅にお邪魔させていただいたことがある。地下の稽古場で朗読劇の稽古をやらせていただいた時だ。

終了後、「上においで」と言われ、各部屋をご案内いただいた、うれしそうな永井さんの横顔を忘れない。「よし、おれもいつか・・」と決意したものだ。ご夫婦の真心に包まれ、なんとも気持ちの良い時間だった。
昨年末、事務所で、「また、遊びにうかがってもいいですか?」「ああ、おいで、おいで」。そんな会話をしたが、かなわなかった。
声優の大黒柱が亡くなってしまった。

「死ぬまで、波平をやっていたい。」そう言われていた。そして、その通りになった。「死ぬまで仕事をやっていたい。」それは、役者や声優の夢だ。亡くなられたその日まで仕事をやり、サザエさんの2月7日放送分まで、きっちり撮り終えられていたのだ。
まさに、我々に、模範的な声優の生きざまを示してくださったような気がする。

生涯、永井一郎さんを忘れない。深く深く感謝をこめて。合掌。
posted by: 堀井 真吾 | 日常 | 22:08 | comments(2) | trackbacks(0) |-
映画「永遠のゼロ」を観て
JUGEMテーマ:日記・一般

新年明けましておめでとうございます。
ほとんど、読む人もいないかもしれないが、まだ、正月の雰囲気が残っているうちに更新しよう。

だいぶ前に原作を読んだが、必ず映画化されると感じていた。ただ、ほとんどの場合、期待感を持って映画を観るものの、
なぜにここまでつまらなくなるのか・・・・??と疑いたくなるくらいガッカリすることが多い。
だから、期待しないように、しないように、鑑賞する機会をうかがっていたのだ。

でも、ここまで観たいと思う作品もめずらしい。いや、みんながそう感じているから、たくさんのお客が
入っているのだろう。

結果、最初から最後まで涙腺が緩みっぱなしだった。原作の感動そのままに映像は表現されていた。
俳優の演技とCG映像が見事に調和し、心を鷲づかみにされた。圧巻だったといってもいい。

ただし、私の場合、少し特殊かもしれない。たぶん、冷静には到底観ることはできないのだ。

20代中盤から30代前半にかけて、劇団で、おそらく百ステージ以上、特攻隊の青年役を演じているのだ。

劇団テアトロ海による「いのちある日に」。

おそらく、青春の象徴のような体験だった。舞台での記憶はいまだ生々しく残っている。役者としての基礎も
あの硬派な俳優修業の中で身についてきたといって過言でない。
全力で向かっていくこと。それを体に叩き込まれた。
もう、今の歳になっては容貌も体力も衰え、無残なものだが、その心だけは失われずに存在している。
師匠たちの言葉とともに・・・。おそらく永遠に。

そんな、まるで右翼のような青春をおくっている人間に、冷静にこの映画が観れるわけがない。
戦争体験者ではないのに、まるでゼロ戦に乗っていたような錯覚があるのだ。

これ以上書くと、きちがい呼ばわりされそうなので、もう筆を置くことにしよう。

だから、この映画に関するかぎり、よくわからない。ただ、涙が流れっぱなしだった。



 
posted by: 堀井 真吾 | 日常 | 21:55 | comments(2) | trackbacks(0) |-
お奨めTV番組
JUGEMテーマ:芸能

手前味噌になるが、堀井真吾がナレーションをつとめる、なかなかの良質番組2本が8月10
日土曜日にオンエアーされる。

22時から30分間、BSフジ、ドキュメンタリー番組「一滴の向こう側」。
23時から50分間、NHK総合、「オンガクジェネレーション」。

「一滴の向こう側」は、今年5月からスタートしたフジTVとしては異色のドキュメンタリー番組。社会に貢献する市井の人々に焦点をあて、2〜3名を同時に追って4話完結となる、これまでにない独特なスタイルをとっている。
ナレーターとしては、最もやりがいのある仕事の一つといえる番組だ。

「オンガクジェネレーション」は昨年末から始まった新音楽番組。新旧の実力派スター二人のコラボによる、舞台でのライブをおさめたもの。音楽番組が少なくなっている昨今、実にタイムリーな音楽エンターテイメントだ!
今回は3回目だが、今後、徐々に回数が増えていきそうな好評番組。
出演は、八代亜紀とMey J。ナレーションを入れながら、ついつい聴き入ってしまうほど、魅力的な歌声と演奏だ!!

必見です!  星、三っつ!!!



 
posted by: 堀井 真吾 | 日常 | 21:56 | comments(2) | trackbacks(0) |-
ボブ ディラン
JUGEMテーマ:芸能

最近、大学のサークルの集まりがあったとき、後輩が、「そういえば、ホリイさん、以前ボブディランのPVに出演していましたよね。」と言ってきた。
「ああ、忘れていたが、そんなことがあったな・・。」と思い出した。「たぶんユーチューブで見れますよ。」ということで、27歳ころの自分を見るチャンスに恵まれた。

意外な役(なんとやくざ)で登場しているので、言われなければわからないかもしれないが、
あまりに若いので、ちょっと笑える。

女房が見て一言。「そういえば、わたし、こういうエラの人と結婚したのよね・・・」だそうだ。今や、確かにそのエラは埋没して見当たらない。

よろしかったら、30年近く前のワタシを見て笑ってやってください。

当時、ポール シュレーダー監督が日本で撮影した、草分け的PVで、なかなか大がかりだった。

よく、出演できたものだ。同時にユーチューブというものがなければ、永久に見ることもできなかったかもしれないと思うと、不思議な感慨にも浸る。

http://www.youtube.com/watch?v=nheBN2UWAaM


 
posted by: 堀井 真吾 | 日常 | 20:31 | comments(2) | trackbacks(0) |-
2013年 明けましておめでとうございます。
JUGEMテーマ:日記・一般

平成25年 新年が明けて半年ぶりにPCからの更新になります。

PCの不調と腰の不調が重なって、長らくのご無沙汰でした。おかげさまで、1年間以上悩んだ腰痛もようやく改善し、心も体も軽やかに・・・・・。
新年を期して心を入れ替え・・・たつもりで、ノートパソコンから書き込んでいます。

それにしても、元旦2日はいいお天気。暮れの30日はめずらしく大雨で、1年の垢を洗い流してくれたのでありましょうか。じつにきれいな青空が心をなごませます。
新潟で子供時代をすごした身には、冬の抜けるような関東の青空は奇跡の贈り物なのです。
いやいや、かといって新潟の冬を軽んじているわけではありません。子供時代の冬の思い出は、白雪の記憶ととともに、美しい映像として心に刻まれています。

ただ、子を持つ親たちは早朝に起きて、子供たちの登校のため雪かきをしなければなりません。小生のような腰痛持ちには、困難な作業。今にして思う親の恩。
自然の厳しさは、それだけ人と人との情を深めることになるのかもしれません。

かくいう、久々の更新にこころ踊ります。
本年も何卒よろしくお願い致します。お付き合いくださいませ。
 
posted by: 堀井 真吾 | 日常 | 19:36 | comments(3) | trackbacks(0) |-
瑣末な喜び
JUGEMテーマ:日記・一般

一日中うっとうしい雨が続いている。しかし、ものすごく久しぶりに家から駅まで歩いた。画期的だった。まったく普通のことが、今の自分にとっては快挙だった。
一歩一歩幸せをかみしめるように、ゆっくり歩いた。とは言えステッキをつき、亀のようなのろさよ。

まだ全快とはいえないが、仕事はすべて車で移動していたことを考えれば、大会で新記録をだしたような喜び。どんどん追い越されても、「どうぞ、どうぞ」という余裕の笑顔。なにせ、たった、これだけの距離が、つい数日前まで歩けなかったのだから・・・。

どうやら花見にはまにあいそうだ。

そうそう、話は飛ぶが、バレンタインデイとホワイトデイのことで、一言。

小生、俗物ゆえ、女性からチョコレートをもらえば、やっぱりうれしい。お返しのホワイトデイも、当然あってしかるべきと考える。だが、義理でもいいから、くれるのならしっかり渡してくれえ!!チョコレート一粒とかでも、やはりもらったものはもらったもの。結局お返ししないわけにはいかない。
普段、忘れん坊の小生だが、なぜか、一粒でももらったひとのことは覚えているのだ。
きっと、女性側は「しょうがないから義理で小さいの一個渡しておくか・・・・」程度の気持ちなんだろうと思う。
だから、こちらも最初は、「まあ、お返ししなくてもいいか」と考えるのだが、結局小心者の小生は、お返しのお菓子をおおような顔で渡してしまうのだ。
男の見栄も、どうやら見え隠れするのが情けない。

それとも、女性の怖さが、この年になってだいぶわかってきたから、お返しをしているのだろうか・・・。

来年は一個ももらえないかもしれないぞ。
 
posted by: 堀井 真吾 | 日常 | 18:34 | comments(5) | trackbacks(0) |-