真吾シアター

物語シアターに関する事を書いていきます。
<< 熊本でのボランティア公演 | main | 新潟県柏崎公演 >>
物語シアター第11回公演「サド侯爵夫人」
0

    JUGEMテーマ:芸能

     

    1月26日に、両国シアターχ(カイ)で一夜だけの公演、三島由紀夫の戯曲「サド侯爵夫人」を朗読劇にアレンジして行った。あれから早3週間以上が経過。もっと早くに掲載したかったのだが、なんだか、やることが多すぎて手がまわらなかった。

    やっと、心と時間に余裕が出てきて、久々に我がブログを覗いてみると、なんと、高校剣道部の後輩Y君がコメントを寄せてくれていたではないか?!それも1か月以上前にである。彼は地元で高校教師をしているらしい。立派!

     

    ああ、おいらも、まっとうな道を、もし進んでいたら彼のような職業だった可能性もあったのだが、こんなんなってもうた・・・。

    すでに60を手前にして、こんなんなってもうたはないか・・・。

     

    どうやら、元旦の新潟NSTの恒例特番「ドリーミング」に司会のような形で出演したのを、観てくれていたらしい。娘がアナウンサーをしている関係で、局がしゃれで、キー局でナレーターをしているオヤジを呼んだというかっこうだ。Y君はそれを観て、なつかしさでHPのブログにたどり着いてくれたのに、当の本人がこのありさまだ。この場をお借りして謝罪。陳謝。

     

    しかし、もう1か月以上も前になる様子。Y君、はたして、これを読んでくれるかどうか・・望みは薄いが・・。

     

     

    話を本題に戻そう。

    一夜限りの公演「サド侯爵夫人」は、素晴らしかった。自分で言うのだから間違いない。素晴らしかった。言えばいうほど馬鹿に見えるが、やはり素晴らしかった。(笑)

     

    なんといっても、三島由紀夫の戯曲がいい。日本一だ。実に美しい見事な台詞だ。その日本一の台詞を、かなりカットしてしまった。これは冒涜?!か・・・。いやいや、師匠・故松浦竹夫もきっと、頷いてくれるだろう。大切な原文の美しさはほぼ活かしてあるのだから・・。

    その上、何がすばらしいか。

    6人の女優すべてがいい。個性的で美しくて、演出していて全員に惚れてもうた。こんなことは初めてだ。出演者全員が良かったことなど、これまで一度もない。それほど、キャスティングは難しいのだ。

    もう一つ、素晴らしいこと。

    スタッフの力だった。照明、衣裳、音響、舞台監督、宣伝美術、すべてに恵まれた公演だった。これまで10回本公演をやって、全てに納得した公演は、じつは一度もなかった。今回、力のあるスタッフ陣に守られ、見事に昇華された初めての公演だったのだ。

     

    良い俳優と、優れたスタッフの力は、あまりにも大きかった。

     

    その力が、1回だけの舞台に集約されたのだから、良い舞台だったに違いない。

     

    その一端を、写真で「物語シアター」HPの本公演実績頁に掲載しているので、御覧いただければ幸いである。

    | 堀井 真吾 | 物語シアター関係 | 23:38 | comments(3) | trackbacks(0) |
    「サド侯爵夫人」の上演、おめでとうございます。そして、お疲れ様でございました。

    美しい三島由紀夫の作品が、堀井先生の脚本でどのように生まれ変わるのか…。
    原文のことばの美しさを大切にされるところは、本当にさすがだと思います。

    おまけに、素敵なキャストやスタッフさんに恵まれた素敵な舞台になったとのこと!!一夜の上演なのがもったいなく思えてきます。

    ことばの美しさ…大切にしていきたいです。

    これからのますますのご活躍を楽しみにしています。
    | のの | 2017/02/18 6:02 PM |
    堀井先生

    久々のブログ更新、待っておりました〜☆

    女優さん全員に心奪われるほど良かったという「サド侯爵夫人」、スタッフの皆さまのお力も発揮されて素晴らしい公演だったのですね!
    拝見したかったです〜。
    お疲れさまでした!!

    いつもより少しくだけた堀井先生の文章が面白いです☆
    これからも、ぜひブログの更新をお願いしまぁす!

    「朗読シアター」も楽しみに拝見します♪
    インフルエンザなど流行っておりますのでお体ご自愛くださいませ…。
                    とみより




    | とみ | 2017/02/18 6:04 PM |
    のの様、とみ様

    さっそくのコメントありがとうございました。
    めったに更新しないブログですが、即座のリアクション、光栄です。
    きっと、ののさんもとみさんも、個性を発揮され日々忙しく活躍されていることでしょう。
    高知に行っていたことが昨日のように思い出されます。じつに楽しい充実した経験でした。

    4月から、跡見学園女子大学の講師としても、朗読の授業を受け持つことになりました。これも、あの時の経験がいかされてのことです。

    どうぞ、健康で、益々ご活躍くださいね。
    | しんご | 2017/02/20 6:51 PM |









    http://shingotheater.jugem.jp/trackback/507
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE