真吾シアター

物語シアターに関する事を書いていきます。
<< 跡見学園女子大学2018年度春期実習講座「声優」 | main | 朝の情報番組「とくダネ!」卒業 >>
群馬県立太田フレックス高校出張公演
0

    JUGEMテーマ:学問・学校

    昨日、17日木曜日は、久々の物語シアター出張公演を行った。

     

    太田フレックス高校。ちょうど10年前に同高校の芸術鑑賞会で呼ばれ、近くのホールで公演。まだ物語シアターを立ち上げて日が浅かったが、大変恵まれた環境での出張公演で、評判も上々、今回の再演につながった。

     

    前回は、私を含め3名で構成。今回はメンバーが私の他は変わり、4名体制で「幸福の王子」と「ラブレター」を再演した。

     

    前回は7月の公演だったが、劇場だったので快適に上演できたのだが、予算の問題か、あるいは5月の公演ということでだろうか、体育館での上演。昨日がまた大変暑い日で、窓を全開にしても相当な蒸し暑さだった。生徒達も大変だが、出演者にとってもあまり良い環境とは言えない。よく持ちこたえたな・・というのが正直なところか。とくに他の3人の若手の出演者にとっては初めての経験なので、緊張感が大きかったのではないかと思う。そんな中、よくやってくれたと思う。

     

    環境的には、見る側も集中しにくい環境だったにもかかわらず、意外と先生方の評判が良くてほっとしていたのだが、帰りの駅で1時間近く待たされる間、何人かの観劇した生徒達と、駅舎でゆっくりと話をすることができた。

    生徒達が集中できていたかどうか、いささか心配だったが、どうやらそれは杞憂だったようだ。男の子も女の子も、目を輝かせて面白かった!感動したと、異口同音に話した。一人の男の子の言葉が今の時代を象徴して面白かった。「ラブレターは、最初やばい話だと思ったけど、進む内、かみさくだとわかって感動した!」最初、かみさく?ってなんだ?と思ったが、聞いている内に感動的な神作品という意味だと理解した。感想を書いているとき、「膝の上の骨箱の、かわいた骨がかたかたとなった・・・。」という最後の言葉を思い出しながら手が震えたそうである。

    なんと、あの劣悪な環境の中で、こんなに集中力を発揮して聴いてくれていたのかと、逆にこちらの方が感動した。

     

    やはり、若さとは純粋で美しい。音響スタッフと出演者4人。高いレベルを維持して練習して、本当に良かったと感じた。

     

    担当のS先生、校長先生に、心から感謝申し上げたい。

     

     

    | 堀井 真吾 | 物語シアター関係 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://shingotheater.jugem.jp/trackback/519
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE